6) 留学にかかる費用|長期

関連ページ:長期留学
クイックガイド|手続きの流れ|留学支援サービス|語学学校|滞在先|留学費用|お見積もり|日程|下見

『留学の総費用を教えてください』 という質問をよく頂きます。やはり一番気になる部分です。
しかし実際はどの学校を選ぶか?(学校により2倍程度の違い)、滞在先はどこにするか?(滞在先により2~3倍程度の違い)、留学期間は?、生活スタイルは?、などによって大きく違う為、一言でお答えするのはとても難しいです。おおまかな目安をあげると以下になります。
海外なので為替変動もあります。過去20年、シンガポールドルは60~90円の幅で変動していますので、かなり大きな違いがあります。

11万円~24万円程度 X 滞在月数 + 諸経費  になります。※1ドル=60円換算
12万円~26万円程度 X 滞在月数 + 諸経費  になります。※1ドル=65円換算
13万円~28万円程度 X 滞在月数 + 諸経費  になります。※1ドル=70円換算
14万円~30万円程度 X 滞在月数 + 諸経費  になります。※1ドル=75円換算
15万円~32万円程度 X 滞在月数 + 諸経費  になります。※1ドル=80円換算→ 今はココ
16万円~34万円程度 X 滞在月数 + 諸経費  になります。※1ドル=85円換算
17万円~36万円程度 X 滞在月数 + 諸経費  になります。※1ドル=90円換算

この10数万円~30数万円(毎月の予算)には、授業料、滞在先家賃、食費、交通費、通信費、日常生活の雑費が含まれます。予算の差は、学校や滞在先の選択、生活スタイルなどの違いです。
特に、学校・滞在先、この2つが毎月の予算の多くを占めるので、この2つに幾らかけるかがポイントです。

諸経費とは・・・
往復航空券、弊社サービス料、海外旅行保険(月1万円前後が目安)、学生ビザ代等の実費(長期留学のみ)、学生ビザ保証金(長期留学のNYU・アセンダに通学される方のみ・$1500)、滞在先保証金(間借り・学生寮)などが含まれます。20万円~50万円程度かかります。※保証金は原則全額返金されます。

1日の生活費の目安

シンガポールは食費・交通費が安いので1日の生活費は安く済ませることもできます。
一般的な留学生の例を挙げると、食費は1日$15程度(フードコート・ホーカー利用)、交通費は滞在先にもよりますが学校往復で1日$3~$5程度です。1日$20程度、1ヶ月で$600程度で最低限、生活ができます。
その他、通信費(電話・インターネット等)・交遊費・近隣諸国への旅行代などもかかりますが、これらは個人差が大きいのでお答えするのは難しいです。

留学生の留学費用 ケーススタディ 実例

留学費用について色々と説明しましたが、いまいち実感しにくいのではないでしょうか?
そこで、実際に留学中の学生さんに毎月の留学費用を取材、それをもとに、安いパターン、高いパターンで1ヶ月の明細を出してみました。

お金をかけずに留学している方の1ヶ月の予算例

1ヶ月の留学予算
学費(NYUランゲージセンター・下位3レベルの授業料+テキスト代) $ 590
家賃(チャイナタウン寮4人部屋) $ 550
インターネット代(学生寮はネット付き) $   0
通信費(主に携帯電話 SMSが中心 日本とはスカイプ・メールなど) $  30
交通費(学校へはバス通学 普段どこかに行く時も公共交通機関利用) $ 120
食費(朝はフルーツやパン、昼は学校近くのフードコート、夜は寮近くのホーカー) $ 450
交際費等(映画、飲み代、ショッピングなど) $ 250
合計 $1990

お金をかけて留学している方の1ヶ月の予算例

1ヶ月の留学予算
学費(SSTCインスティテュート) $1370
家賃(築10年のコンドミニアムの一部屋。シンガポーリアンの年配のご夫婦と一緒に) $1200
インターネット代(家賃に含まれる) $   0
通信費(主に携帯電話 たまに日本の友達にも電話する) $  80
交通費(バスで通学 通学時間は30分) $ 200
食費(朝はパンとヨーグルト、昼と夜はレストランへ行くことも多い ワインも好き) $ 600
交際費等(週末旅行、マッサージ、映画、DVD、服飾代など) $ 500
合計 $3950
< 5) 滞在先カタログ < > 7) 自動お見積もり >
関連ページ:長期留学
クイックガイド|手続きの流れ|留学支援サービス|語学学校|滞在先|留学費用|お見積もり|日程|下見