シンガポールの業種別・職種別求人ランキング

東南アジアの求人情報サイト「アジアDEオシゴト」に掲載されたシンガポールの日本人向け求人より、どのような業種・職種の求人が多いかを調べてみました。

業種別求人ランキング アジアDEオシゴト調べ

左から2013年3月、2009年3月、2008年6月の調査結果です。

全体の約4分の1がメーカーです。4年前の調査と比べ、メーカー・金融・飲食・レジャーが割合を下げている中、商社・サービスが上がっています。

25% (33%)(29%) メーカー
13% (18%)(16%) 金融・保険
11% (10%)(18%) IT・通信
10% ( 6%)(13%) 商社・卸売り
9% ( 5%)( 4%) サービス
7% ( 7%)( 5%) その他
6% ( 4%)( 4%) 物流
4% ( 3%)( 1%) 旅行・ホテル
4% ( 2%)( 3%) 建築・設備
3% ( 1%)( 2%) 広告・マスコミ
3% ( 0%)( 2%) 販売・小売
2% ( 6%)( 2%) 飲食・レジャー
2% ( 3%)( 1%) 不動産
1% ( 2%)( 2%) 教育

 

職種別求人ランキング アジアDEオシゴト調べ

左から2013年3月、2009年3月、2008年6月の調査結果です。

営業・販売職の多くは法人営業の求人です。秘書・事務職の多くは事務職です。従って営業及び事務経験をお持ちの方は仕事を見つけやすい傾向があります。
4年前に比べ、秘書・事務の求人が増え、カスタマーサービス・人事・総務の求人が減っているのが特徴です。

29% (30%)(23%) 営業・販売
20% (14%)(22%) 秘書・事務
12% (13%)(11%) その他
8% (11%)(10%) カスタマーサービス
8% ( 7%)( 9%) 経理・財務
8% ( 5%)( 8%) 技術・開発・QC
4% ( 7%)( 3%) 人事・総務
3% ( 4%)( 6%) マーケティング
3% ( 1%)( 3%) 購買・生産管理
3% ( 1%)( 3%) 購買・生産管理
2% ( 3%)( 2%) 経営管理
2% ( 3%)( 2%) 翻訳・通訳
1% ( 1%)( 1%) シェフ・板前
1% ( 1%)( 1%) 教師

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク