【Q&A】 短期で留学して途中で長期に延長することは可能ですか?

不可能ではありませんが、積極的にはお勧めはしていません。但しどうしても早く長期留学を始めたいという方には、幾つかの欠点をご理解頂いたうえで、受け付けています。

長期留学の場合、学生ビザを申請しなければならず、申請には日本で事前に準備して頂く書類がいくつかあります。また書類の準備や学生ビザの申請期間を合わせると1ヶ月半~2ヶ月程度の期間が必要です。

しかし短期留学は最長でも2ヶ月です。従って短期留学開始までには学生ビザの申請を終えていなければ、切れ目無くスムーズに短期留学から長期留学に切り替えが出来なくなります。

また学生ビザが許可されるまでは、短期留学扱いですので、以下の欠点が挙げられます。
・短期留学中の授業料は長期留学に比べ割高になります。
・短期留学中の滞在先は学生寮のみ。間借りは法律の関係上出来ません。
・短期留学はシンガポールの現地銀行口座の開設が出来ません。
・短期留学中は滞在許可日数の関係上、シンガポール出入国に制限があります。

こうした理由から、「短期留学→長期留学」という方法は積極的にはお勧めしていませんが、少しでも早く留学を開始したい・・・という方には、これらの欠点をご理解頂いたうえでお申し込みを受け付けています。

この場合、お申し込みは「長期留学」扱いになり、サービス料も長期留学プランのサービス料が適用されます。
お申し込み時点で、長期留学で通学する学校・短期留学で通学する学校を決めて頂きますが、なるべく同じ学校をお勧めします。短期留学の学校に慣れ友達も出来たので、長期留学の学校に変わりたくない・・・と思ってしまう方が多いからです。しかし長期留学の学校で学生ビザは先に申請している為、それを変更するには、学生ビザの申請をやり直すことになり、お金も時間もかかってしまいます。
なお短期留学中に通学する学校と長期留学中に通学する学校が異なる時は、2校目手配料として、追加で$50をお支払い頂きます。

長期留学のお申し込みは留学開始の2ヶ月前が締め切りですが、この「短期留学→長期留学」でお申し込みの方に限り、短期留学の締め切り同様、留学開始の1ヶ月前まで受け付けています。

どうしても少しでも早く留学したい・・・という方のみ、この方法をご利用ください。

サービス内容全般・申し込みについて
カテゴリー: よく寄せられる質問, サービス内容全般・申し込みについて   パーマリンク