【重要】ワーホリビザの枠が制限の2000に達しました

シンガポールのワーキングホリデービザは「常時2000名まで」という発給枠があります。

ワーホリビザ制度がスタートした2007年以降、2017年までは一度も2000名の枠を超えたことはありませんでしたが、昨年(2018年)5月中旬~6月末の約1ヶ月半に続き、本日「2000名の枠を超えた」という情報が入りました。

シンガポールのワーホリ制度の発給数は年間2000名ではなく、「常時2000名まで」です。1人がワーホリを終えて帰国すれば、新たな枠が1人増えるという仕組みです。

現在、情報を収集中ですので、新たな情報が入り次第、お知らせします。

シンガポールのワーホリ制度のご案内はこちらをご覧ください。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク